日本一の奇跡、清流仁淀川。そして悲運の武将、武田勝頼が眠る地を巡る旅の駅

観光ガイドと地味噌うどんの店

うどん茶屋かつより

仁淀観光のことなら何でもご相談ください!

0889-20-2003

営業時間 午前9:00~午後9:00

定休日  日曜祝日・12/29~1/3

トップ > 武田勝頼落人伝説 > 【2009年】

【2009年】

・2月 かつよりくん弁当創作コンテスト
かつよりくん弁当創作コンテストの様子
かつよりくん弁当創作コンテストの様子

 武田勝頼を知ってもらうための住民参加型のコンテストを実施して、採用されたお弁当を「かつよりくん弁当」(地産地消のお弁当、没後400年にちなんで今後400円で同町の「いなかのコンビニ押岡」で販売)と称して、その後は仁淀川町の観光街歩きやイベント等で販売・啓発した活動。

・4月 春の陣・歴史ツアー
ツアーの様子(仁淀川町桜地区)
ツアーの様子(仁淀川町桜地区)

 越知町栂の森地区にある武田勝頼の娘・ゆす姫の墓所見学(ゆす姫追悼式典参加)や“ひょうたん桜”で有名な仁淀川町桜地区にある武田勝頼の兄の子・大崎半四郎の墓所見学(大崎半四郎追悼式典(没後400年祭))に参加に参加し、交流会及び武田勝頼ミステリー歴史講演会を行った活動。ひょうたん桜満開のもと玄蕃太鼓演奏、かつよりくん弁当で舌づつみを打った。

・7~10月かつよりくんキャラ全国公募(決定)
公募で集まった多彩で楽しい勝頼キャラたち
公募で集まった多彩で楽しい勝頼キャラたち

 武田勝頼を知ってもらうための勝頼イメージキャラの全国公募を行ったもの。全国から108点の魅力的な「かつよりくん」が集まった。8月の夏の陣イベントでの披露や高知市帯屋町アーケード内での人気投票を経て、同年10月の秋の陣でキャラ決定した活動。

・8月 大崎/夏の陣
夏の陣で玄蕃踊り披露(仁淀川町大崎地区)
夏の陣で玄蕃踊り披露(仁淀川町大崎地区)

 仁淀川町に残る武田家系図によれば武田勝頼没後四百年目にあたる2009年8月、記念行事として古来より行われてきた“玄蕃祭り”(平成には大崎夕涼み会(大崎地区の納涼祭))と連携同時開催で行ったイベント。このイベントでは、記念式典、安居神楽、玄蕃太鼓、玄蕃踊り、勝頼グッズ販売、勝頼キャラクター人気投票など行い、盛況であった。

・10月 大崎/秋の陣
仁淀川流域に伝わる手踊りを披露
仁淀川流域に伝わる手踊りを披露
(仁淀川町大崎地区 大崎八幡宮)

 勝頼は文化芸能においてもこの土佐で広め活性化したとして、仁淀川流域の各地域に引き継がれている「太鼓・おどり」関係6団体と連携した「手踊りサミット」(発表の場)、太鼓合戦など秋の夜イベントとして開催。周辺の文化・歴史芸能をもつ地域と協力して親交を深め、互いの結びつきを強めながら今後につなげていく活動を行った。

仁淀川流域の太鼓団体による合戦太鼓
仁淀川流域の太鼓団体による合戦太鼓
(仁淀川町大崎地区 大崎八幡宮)
玄蕃祭りの象徴“花台”が20数年ぶりに復活した
玄蕃祭りの象徴“花台”が20数年ぶりに復活した
(仁淀川町大崎地区 大崎八幡宮)